訪問看護師に当たり散らしたり、嫌味を言う事が唯一のストレス発散の患者さんがいます。陰湿なイジメで、酷い事を平気で言います。しかも在宅看護だから、苦手な患者さんと1対1・・・気が滅入ります。

訪問看護師に当たり散らしたり、嫌味を言う事が唯一のストレス発散の患者さんがいます。陰湿なイジメで、酷い事を平気で言います。しかも在宅看護だから、苦手な患者さんと1対1・・・気が滅入ります。

pixta_1593673_S.jpg
訪問看護の仕事のメリットは、給料が高いという事もありますが、患者さんと深い関わりが持てるという点もありますよね。
病棟で働いていると、沢山の患者さんのケアをしながら、忙しい業務をこなしているので、
なかなか患者さん一人一人と深く関わる事ができません。
でも、訪問看護だったら、患者さんと1対1で充分なケアをする事ができるんですよね。
その点ではとても充実感を得る事ができます。
でも、その反面、患者さんとの関わりがストレスになる事もあるんですよ。
患者さんや家族はいろいろな人がいるので、中には苦手な方もいるんですよね。
私が担当している患者さんの一人に、こんな方がいるんです。

その患者さんは、脳梗塞の後遺症で片麻痺があるんです。
でも、頭はしっかりしているんですよね。
それで、看護師に対して、かなり攻撃的な態度を取ってくるんです。
それが病気によるものなのか性格なのかはわからないんですけど、とにかく嫌味や罵声ばかりです。
怒る理由なんて何もないんですよ。
ただイライラしていただけ、という感じです。
看護師に八つ当たりするのは当たり前の事で、これは陰湿なイジメと変わりません。
もし病棟だったら、他の患者さんもいるし、スタッフもいるので、担当を変わってもらうとか、
他の人と協力して看護をする事ができると思うんですよ。
でも
訪問看護の場合は、他には誰もいませんよね。
千葉の外壁塗装では、患者さんと1対1なので、逃げる事ができないんです。

良い患者さんや家族だったら、信頼関係を築く事ができて、充実した仕事をする事ができると思うんです。
でも、このような患者さんがいると、気分が滅入ってしまって、お宅を訪問するのが憂鬱になってしまうんですよね。
その患者さんのお宅を訪問した後は、暫く落ち込んでしまいます。

2014年11月11日|