産科ドクターの減少は危険レベル・・・。大学病院では半数以上が研修医。ちょっとしたトラブルが訴訟に発展する産科ではドクターが嫌煙してしまう・・・。

産科ドクターの減少は危険レベル・・・。大学病院では半数以上が研修医。ちょっとしたトラブルが訴訟に発展する産科ではドクターが嫌煙してしまう・・・。

aca37621259ea5ad5c4c5b0401307e91.jpg
昔は、産科のドクターは儲ける事ができる事で人気があり、産科、婦人科を開業するドクターが沢山いました。
しかし、現在では、そんなに人気があった産科のドクターも、どんどん減少しています。
それには、少子化問題が大きく関係しています。

昔は、女性は沢山子供を産んでいましたから、もちろん出産が多く、開業して儲ける事ができました。
それに、1回の妊娠がダメだったとしても、また次に期待するといった時代でした。
しかし、現在は、少子化の影響で、出産が少なく、当然、開業するのは難しい現状です。
それに、1回の妊娠や出産が重要視されているので、とても慎重です。
もし、死産など、出産時に何か問題があった場合には、訴訟問題に発展する事も少なくありません。
それに、産科のドクターは24時間いつ呼び出されるかわかりませんから、とてもハードです。
トラブルが訴訟に発展してしまう事も多く、割に合わない事で嫌煙されています。

大学病院でも、産科のドクターの不足は、深刻な問題になっています。
昔は、産科のドクターが沢山いましたから、大学病院から産科のドクターを派遣する事もあったんです。
しかし、現在では、とてもそんな事はできません。
大学の産科のドクターが足りない為に、働いているドクターの半数以上が研修医という状況なんです。
産科ドクターが研修医では、安心する事ができませんし、トラブルに発展する可能性も増加するのではないか、
と思ってしまいます。
それに、研修医では、何か起きた時に対処できないと思うんです。
このまま産科ドクターが減少してしまうのは、とても困ります。
少子化問題が改善されない限り、難しいのかもしれませんが、なんとかしてこの現状を食い止める必要があると思います。

2014年10月16日|