小児科クリニックは残業の嵐!特に冬は帰宅が21時を過ぎる事も・・・

小児科クリニックは残業の嵐!特に冬は帰宅が21時を過ぎる事も・・・

ほとんどの方は、クリニックの看護師の仕事は日勤だけで週末は休みだし、病院に比べると楽だと思っていますよね。
子育てと仕事の両立ができると思って、クリニックで働く選ぶ方も沢山いると思いますよ。
でも、全てのクリニックが楽だというわけではありません。
クリニックにもいろいろな科があるので、科によって忙しさは全く違ってくるんです。

特に、小児科クリニックは想像以上に大変ですよ。
小児科というのは、仕事が終わったお母さんが、子供を連れて診察に来る事が多くて、
夕方の混み具合がスゴいんですよね。
そうですね、夕方5時を過ぎた頃から、もう待合室は患者さんで溢れてしまいますね。
小さな子供って、昼間は元気でも、夕方になると熱を出す事で多いですよね。
だから、慌ててクリニックに受診に来るというケースが多いんです。
子供というのは、大人と違って、診察に時間がかかるんですけど、夕方から一気に患者さんが増えるので、
クリニック内はもうてんてこ舞いです。
診察が終わるのが19時過ぎる事なんて、当たり前ですよね。
高熱だったり、嘔吐してグッタリしている時には、点滴をする事があるんですけど、19時近くから点滴を始めると、
終わるのが21時過ぎてしまうんです。

冬場は特に忙しくなりますよね。
インフルエンザや嘔吐下痢症が流行るので、待合室は常に患者さんで一杯の状態です。
そんな忙しい冬場には、定時で仕事が終わる事なんてまずありませんよ。
21時過ぎる事も多くて、毎日遅くまで残業してますよね。

仕事が楽だというイメージで、クリニックに転職しようとしている方は、気をつけた方がいいと思いますよ。
クリニックによって業務内容が全く違うので、事前に確認したほうがいいと思いますね。

2014年6月28日|